コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

Home > 学び > コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

コミュニケーション能力向上、スクールなら日本コミュニケーショントレーナー協会

カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト。コミュニケーションの資格認定に無料で挑戦しよう!社会で求められているコミュニケーション能力向上を目的とした講座・セミナー・研修開催とスキルアップ・学び方・実践法の情報提供をしています。

人が生きていく上で、とても大切な能力の一つにコミュニケーション能力があります。コミュニケーション能力とは、ざっくりいいますと、人に対してどのように関わり合いを持つかということにつきますが、簡単なようで、なかなかデリケートな問題でもあります。自分は相手に対して、打ち解けている、饒舌に話をしていると感じながら接していたとしても、相手がそのように感じていなかったら、コミュニケーション能力が長けているとはいえないのです。何しろ相手があってのことなので、自分ばかりが空回りしてしまうと、もうコミュニケーションは円滑にはならないです。人は、家族でも、学校でも、職場でも色々な人と関わり合いを持つものなので、ぜひともコミュニケーション能力は高めていきたいものです。ではどのようにすればコミュニケーション能力は高まるのでしょうか。相手とコミュニケーションを図る上でまず一番に大事にしたいことは、相手への関心です。相手に対して無関心であれば、もうその時点でコミュニケーションをとることはできません。相手も、自分に関心がないことを感じ取り、心を開いてくれることはないでしょう。そうならないためにも相手への関心を持つことから始めます。相手はどんな考えの持ち主なのか、自分と共通する部分はあるのか、違う考えをもっているのかということに気持ちを向けます。ただ相手と惰性的に会話をするよりも、ずっと会話に身が入るはずです。そうなってくると、どんどん会話も弾んで相手の方も段々と話しやすくなり、心も徐々に開いてくれるようになるでしょう。相手も自分に興味を持ってくれたなら更に良いです。その後の関係性も深めることに繋がると予想されます。人はコミュニケーションが上手く取れないと、やはり生きづらい部分があるでしょう。何か悩み事があったとしても相手に伝えることができずに一人で抱え込んでしまう人が昨今、多くいます。でも、コミュニケーションというのは意識をしていくだけでも、随分と改善されていきますから、ぜひ諦めることなくコミュニケーションを図っていって欲しいと心から願います。

注目キーワード

カウンセリングマインド
カウンセリング的な考え方や手法を日常生活に活かしていくこと。またその態度、考え、心構えなどを指す和製英語。 「傾聴」と「共感」と「繰り返し」を自らの価値観を脇に置いて実践してみること。 [ISBN:44144031
カウンセリング
臨床心理学にもとづくカウンセリング(counseling)とは、専門教育を受けたカウンセラーが、クライエント(依頼者)とのコミュニケーションを通してクライエントの心理的変容を促す過程をいう。 クライエントの日常...