ボックキッチンカー

Home > カー > ボックキッチンカー

移動販売車の製作専門|大阪のボックキッチンカー

自動車の関連情報

自動車(じどうしゃ、英: car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

移動販売車やキッチンカーを大阪の堺市で作っています、新車や中古車にシェルを乗せて内装、外装、設備、保健所、陸運局の対応と、オールインワンで承ります。食品やスイーツなど、移動販売車で起業や副業をされたい方はご相談ください。

移動販売車は、文字通り自動車で移動して物販する事をいいます。都心部では、ケータリングカーを頻繁に見かけますが、あれも移動販売車の一種です。トラックの荷台を改造した部分で調理して販売するスタイルであり、オフィス街やスポーツ施設、さらにはお祭り会場などに出没する事があります。販売しているメニューも、クレープからラーメン、ケバブなど多種多様あります。それに対して、地方都市でよく見かけるのが移動スーパーです。移動スーパーが良く見るのは、近くにスーパーがない所や限界集落と言われる所で、これらは特に高齢者向けに特化したサービスであり、スーパーで売られている商品を販売していますので、移動手段がない高齢者にとりましては大変ありがたい存在です。販売してる車種も、廃車になった路線バスを改造したものから軽トラックを改造したものなど、さまざまあります。最近では、移動スーパーならぬ移動コンビニまで登場してきていて、これも移動スーパー同様に近くにコンビニがない集落に移動して営業活動を行っています。最近ではATMを搭載した移動コンビニまで登場してきていていますが、銀行自体も移動して営業していることがまれにあります。このように、全国津々浦々で活躍している移動販売車は大変便利な存在です。利用者が多いところに出向いて営業していますので、わざわざ遠いところまで行く必要がなくなるというのが移動販売車が活躍している理由だといえます。自分で移動販売車を運営したいと考えた場合は、車両改造費と調理師免許と食品衛生責任者の飲食業に必要な資格がありますので、開業までの道のりは意外と遠いものです。しかし、軌道に乗れば儲かる仕事ですので実に夢がある業種であるといえます。移動スーパーも、車両改造費と仕入れ費と加盟店に加入すれば手数料と、初期費用がかかりますがここも運営が軌道に乗れば儲かります。要は求められている場所にうまい具合に行くかどうかが大切です。

注目キーワード

軽自動車
日本独自の小さな自動車のカテゴリ。 他の先進国と違い、日本は電信柱など公道が狭いため生まれた。税金面などでの優遇措置がある。 軽自動車の規格が制定されたのは戦後すぐ。その後、法改正が幾度((最大排気量が...
自動車事故
 交通事故のうち自動車にかかわる事故。実際には交通事故のほとんどが自動車にからむ事故であり、交通事故とほぼ同義に使用される。