京生麩のお店 愛麩

Home > 暮らし > 京生麩のお店 愛麩

京生麩のお店【愛麩】 平安神宮境内

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本国政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

京都に旅行に行くと、どんな物をお土産にしたら良いのか、悩んでしまう場合が多くあります。基本的にはお土産はどんな物でも問題ありませんが、なるべく名産品を持って帰りたいと考えている人も多くいるでしょう。京都にはたくさんの名産品が存在していますが、最近多くの人に購入されているのが金平糖だと言えるでしょう。金平糖は、好みが分かれてしまう部分もありますが、多くの人がもらって嬉しいと感じる名産品になるので、選択肢の1つにしてみましょう。どこでも金平糖は購入できるので、喜んでもらえる可能性が低いのではと心配をしてしまう人も多くいます。しかし京都の金平糖の場合は、他の場所で購入をするよりも喜んでもらえる傾向があります。そのため自分の選択が間違っていたのではと考える必要がなくなります。京都の金平糖の大きな特徴は、食べるだけではなく見て楽しめる部分になります。実際に購入をしてみると把握できますが、綺麗な瓶の中に入っていたり、きれいな袋の中に金平糖が入っているので、食べないで飾っておくことも可能になっています。相手に飾ってほしいと考えている場合は、なるべく瓶に入っている金平糖購入するようにしましょう。金平糖としては、少し高いと考えてしまう場合もありますが、お土産になるので、その部分は仕方がないと考えるようにしましょう。またいくら少し高いと考えても、旅行に大きく支障きたしてしまうような金額で販売されている物は少ないので、その部分も心配をする必要がないと言えます。お土産を購入する場合は、自分で持ち運ばなくてはならないので、なるべく重さが少ない物を購入したいと考える場合もあります。京都の名産品の中でも、非常に重さが少ないのが金平糖になるので、なるべく軽く喜んでもらえる名産品をお土産にしたいと考えている人は、金平糖を選択肢の中に入れてみると良いでしょう。様々な場所で金平糖が販売されているので、しっかりと確認をした上で購入をすることをお勧めします。

注目キーワード

日本料理アカデミー
(Japanese Culinary Academy、特定非営利活動法人日本料理アカデミー) 世界のシェフとの交流活動や、地域にねざした食育活動などを行うNPO法人。  2004年8月に日本料理の真の姿を国内・海外に発信すべく、京都...
日本料理
日本で独自に味付や調理法が発達した料理。一般には「和食」と呼ばれている。日本独自の料理であってもオムライスやハヤシライスなどの日本人の好みに合うように西洋料理をアレンジして生まれた「洋食」と呼ばれてい......