アテネ・フランセ

Home > 学び > アテネ・フランセ

アテネ・フランセ

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

従姉妹がフランス語の翻訳家なので、昔からフランス語に興味を持っていました。ただ、かなり難しいので、学生時代は英語力を磨くことに専念していたのです。外資系の会社に勤めているのですが、英語ができるのは当たり前という環境で、3か国語を話す人も多いです。同僚を見ているうちに、私も英語以外の語学を身につけたいと考えるようになり、フランス語を学ぶことにしました。 従姉妹に相談したところ、東京の老舗スクールを紹介してもらえました。このスクールは、日本で最も古いフランス語のスクールで、創立してから100年以上の歴史があります。有名な文化人を多く輩出していて、従姉妹も太鼓判を押してくれたので、受講を決めました。初めて習う語学なので、体験レッスンから始めて、大丈夫だと感じたのでステップアップして現在のコースを受講しています。 フランス語の勉強を始めたものの、最初は難しすぎて大変でした。しかし、先生の教え方が上手で、一緒に学ぶ仲間の存在もあり、いろいろと助けてもらって何とか勉強を継続できています。3か月くらいでだいぶ慣れて、会話する力もついてきました。 字幕がなくてもフランス映画を理解できるレベルになるのが、今の目標です。

注目キーワード

フランス語講座
*NHKラジオフランス語講座 英語、ドイツ語とならんで戦前からあるラジオ講座のひとつ。応用編ではカリブ海地域、アフリカの作家も取り上げられるようになった。 -主な講師 青井明 天羽均 稲垣直樹 井上美穂 ......
フランス語憲章
(仏:Charte de la langue française、英:Charter of the French Language) 1977年、カナダのケベック州で定められた、州内の公用語をフランス語オンリーとする法律。