大雄山セントラルクリニック

Home > 暮らし > 大雄山セントラルクリニック

南足柄市・小田原市で内科や人工透析を専門に治療|大雄山駅からすぐ

病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

小田原市,南足柄市で内科や人工透析の病院をお探しの方は「大雄山セントラルクリニック」をご利用ください。透析治療は個室完備・水質管理の徹底により、安心して治療に取り組む事が出来ます。当院へお越しの際は最寄りの南足柄市大雄山駅をご利用下さい。見学受付中。

透析を受け始めることとなってから1年経過しましたが、それまで住んでいた地域を離れて南足柄市に転居することとなり、受け入れのできる内科を探していました。自宅から通える場所にある内科で「大雄山セントラルクリニック」がたいへん新しく設備も素晴らしいということで、お願いをすることとしました。 医院の中はとても清潔で施設はとても新しく快適な空間です。以前に住んでいた場所ではその地域の公立病院を利用していましたが、無機質な雰囲気がいかにも病院のようであまり気分が良いものではなかったため、この「大雄山セントラルクリニック」の素晴らしさにたいへん感動しました。南足柄市にこのような内科医院があることがとても喜ばしく思います。 スタッフの医師の方や看護師の方のスキルも高いように感じます。毎回リラックスをしながら気持ちよく利用をさせていただいております。このようなホスピタリティのレベルが高い内科での透析を受けられることで、心強さと安心感がえられます。交通の便も良い場所にあり、透析終了後にも寄れる店がありますので助かっています。納得の行く病院を見つけることができたので本当に恵まれていると思います。これからもお世話になり続けますので、お願いしたい気持ちでいっぱいです。

注目キーワード

病院
医療法の定義では 「病院」とは、医師又は歯科医師が、公衆又は特定多数人のため医業又は歯科医業を行う場所であつて、20人以上の患者を入院させるための施設を有するものをいう。病院は、傷病者が、科学的でかつ...
慶應病院
東京都新宿区信濃町にある慶應義塾大学医学部の大学病院。正式名称は慶應義塾大学病院。 →慶應義塾大学病院