浪貝畳店

Home > 暮らし > 浪貝畳店

世田谷区の畳張替えなら浪貝畳店|畳の新調、リフォームなどもご相談下さい

畳の関連情報

畳(たたみ)は、日本で利用されている伝統的な床材。芯材になる板状の畳床(たたみどこ)の表面を、イグサを編み込んで出来た敷物状の畳表(たたみおもて)でくるんで作る。縁には畳表を止める為と装飾を兼ねて、畳縁(たたみべり)と呼ばれる帯状の布を縫い付けるが、一部には縁の無い畳もある。 畳には縦横比が2:1になっている長方形の一畳サイズと、これを横半分にした正方形の半畳サイズの2種類がある(以下の記述は特に断らない限り一畳サイズに関するもの)。大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm、1.6562 m2)のものが基本となるが、部屋の寸法に合わせて注文生産される場合が一般的なのでサイズは一定していない。一般的な規格としては、京間(本間)、中京間(三六間)、江戸間(関東間、田舎間、五八間)、団地間(公団サイズ、五六間)の4種類が有名である。この他にも地域ごとに様々な規格が存在する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都世田谷区太子堂で畳張替えなら浪貝畳店まで!!新調、リフォームなど何でもご相談ください。また、襖・障子についてのご相談も受け付けておりますのでお気軽に御相談ください。

私の実家は、築50年以上の古い民家です。 私の祖父が建てた家で、長年我が家では愛用してきました。 大切に使ってきたつもりなのですが、どうしても劣化はしてきてしまいます。 時の流れに勝つことはできません。 少しずついろいろな場所のリフォームをしてきましたが、最近では畳が劣化してきました。 今まで何度か畳張替えをしたことはありましたが、またその時期が来たようでした。 今までお世話になっていた畳の張替え会社が無くなってしまったので、新しい畳屋さんでいいところがないかずっと調べていました。 世田谷区で探したくて、インターネットで情報を集めていたところ、世田谷区にある浪貝畳店が見つかりました。 創業70年の老舗で信用して任せることができる気がしました。 三代にわたって畳屋さんをしていらっしゃって、畳への想いやこだわりが伝わってきました。 一度利用してみたくなって問い合せると、すぐに来て下さいました。 実際に利用してみて思ったことは、すごく手際が良くて畳のことをよくわかっているのがわかりました。 畳の質問に対してはすぐに答えて下さり、さすがプロだなと思いました。 しばらくは持ちそうですが、また機会があれば利用したいと思います。

注目キーワード

五畳半の狼
・釣りビジョンにて放送中 の生番組 「フィッシングライフ」が更に豊かに楽しくなってしまう、五畳半エンターテインメント生放送!
千畳敷
平らに広がった地形で、千畳ほどの広さだと形容した地名・観光地の名称。全国各地に同一の名称がある。 -青森県深浦町 -東京都八王子市 -和歌山県白浜町の砂岩層 -山口県長門市の草原 -長野県の木曽駒ケ岳の渓谷など