お部屋探し支援センター

Home > 住居・家屋 > お部屋探し支援センター

東京で初期費用分割可の賃貸ならべべライズの【お部屋探し支援センター】

賃貸借の関連情報

賃貸借(ちんたいしゃく)とは、当事者の一方(貸主、賃貸人)がある物の使用及び収益を相手方(借主、賃借人)にさせることを約し、相手方がこれに対してその賃料を支払うことを約することを内容とする契約。日本の民法では典型契約の一種とされる(民法第601条)。 日本の民法は、以下で条数のみ記載する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京で初期費用(敷金礼金)分割可の賃貸・物件をお探しなら株式会社ベベライズ運営の【お部屋探し支援センター】に一度ご相談ください。他社さんで難しいと言われた方でも弊社にお任せください、お部屋探し支援センターでは世の中のほとんどの物件がご紹介可能です。

他の地域から、お仕事や学校などで東京に引っ越してくる場合、やはり同じような間取りでも賃貸物件の賃料は高いです。田舎だと1Kなら4.5万円で借りられるようなところでも、東京なら8万円以上はします。そのため、毎月の賃料が負担になるため住み始めにかかる初期費用はできるだけ安く抑えておきたいところです。初期費用といえば、敷金礼金、また鍵の取り替え代やハウスクリーニングの費用など、意外といろいろとかかります。そのため、初期費用だけで50万円以上はかかることが多いです。高いところだと100万円弱かかるところもありますし、引っ越しにはそれ以外にもいろいろとお金がかかるものなので出費が多くなります。まとまったお金がない人のために、最近は初期費用を分割で払えるシステムをとっているところもあります。月々の賃料に上乗せして払うシステムのところが多く、一番始めにまとまったお金が準備できなくても住みたい物件に住み始められるのがメリットです。ただし、やはり月々の賃料そのものがかなり高いので、できるだけ敷金礼金があまり高くないところを探して住むのがおすすめです。月々の賃料だけでなく、始めにかかる費用がかなり肝心です。

注目キーワード

賃貸借契約
*民法601条による定義 「当事者の一方(貸主)が相手方(賃借人)に、ある物の使用収益をさせることを約し、賃借人がこれに賃料を支払うことを約することによって、その効力を生ずる」有償契約のこと。 *関連キー...
賃貸借契約書