株式会社三晃商会

Home > カー > 株式会社三晃商会

中古クレーン買取と販売【三晃商会】重機や建機のことなら

建設機械の関連情報

建設機械(けんせつきかい、英語: construction equipment)は、土木・建築の作業(工事)に使われる機械の総称である。省略して建機(けんき)、または重機(じゅうき、heavy equipment)とも呼称される。人力で施工することが困難な作業を機械化したものがほとんどである。高度経済成長の時代に高層建築や道路整備などで建設機械が日本の社会資本整備に果たした成果は大きい。20世紀末から21世紀現在では、公共事業のコスト削減が叫ばれており建設機械にはさらなる作業の効率化などの役割が求められる。 日本での建設機械需要の60%強は、レンタル機の活用に移ってきている。建設業者の経営合理化に向け、機械経費削減のために、この流れはまだまだ加速している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

中古クレーンの買取販売は三晃商会にお任せください。。重機販売輸出や建設機械輸出、中古建設機械の販売・買取を行っております。

小さな建設会社を経営していましたが後継者不足により廃業することにしました。そこですでに使用しなくなっていた中古クレーン車をどう処理するか悩んでいたところ高額で買取してもらえるとの話を聞いて無料査定してもらうことにしました。査定依頼もインターネットから行うことができ車検証と走行距離についての情報を入力するだけで概算の査定額を算出してくれたのでどのぐらいの金額で売却することができるのかの判断がしやすかったです。またクレーン車は大型のものもあったので直接持ちこむのは困難でしたがスタッフさんが直接クレーン車の査定に来ていただいたので時間と手間の節約になりました。またたとえ中古のクレーン車であっても稼働できるのであればまだまだ高値で買取できるとのことで安心しました。現車確認後の査定額にも納得したためその場で現金取引となりスムーズな買取をしていただきました。また買取の際には実印と印鑑証明書は準備してあったのであとは煩雑な手続きもすべてお任せすることができました。大切に使用してきたクレーン車だったのでこれからもどこかで活躍してもらえると思うと嬉しい気持ちでいっぱいになりました。また高額で買取していただいて本当に助かりました。

注目キーワード

建設機械施工技士
日本の建設関連の国家資格の1つ。日本建設機械化協会が試験を実施している。1級と2級がある。
日本建設機械化協会
日本の経済産業省と国土交通省所管の社団法人。建設事業の機械化を推進などを行っている団体である。東京都港区芝公園に本部がある。1949年設立。